日本国内のFX業者にはない海外FX業者の魅力と特徴

海外FX業者とは、海外を本拠に運営を行っているFX業者のことを指します。基本的なサービスの内容は、国内のFX業者と特別な違いがあるわけではありませんが、独自の多彩な特色にあふれています。

海外FX業者の高いレバレッジ

まず、海外FX業者には、日本国内の法律に規制されないという点で特別なメリットがあります。その筆頭がレバレッジです。レバレッジを簡単に説明すると、たとえば、1ドル100円の時に1万円分ドルを購入した場合、1ドル110円になった時には千円の利益となりますが、レバレッジが100倍の場合、10万円の利益となるということです。少額の投資で大きな利益を上げられるレバレッジはFXの大きな特徴ですが、日本では2011年8月から、レバレッジ規制により最大25倍までに制限されています。ところが、海外FX業者には日本の法律は適用されませんから、それ以上のレバレッジで取引可能です。海外FX業者のなかには1000倍のレバレッジをかけられるところもあり、国内の業者を利用するより少額で大きな利益を上げられるのです。

海外FXでは証拠金以上の損失はない

日本でレバレッジが規制された理由は、高いレバレッジは投機性が高い、つまり、賭博性が高く危険だからということですが、海外FX業者には追証ゼロサービスという、証拠金以上に損失を被らないようにするサービスがあるので、危険はそれほど高くありません。そういうわけで、今までレバレッジに重きを置いて取引を行っていたトレーダーの多くが、海外FX業者に乗り換えていったのです。

国内FX業者と海外FX業者の取引方法の違い

また、国内のFX業者と海外FX業者では、取引方法に違いがあります。ほとんどの国内業者は店頭取引という方法とっており、トレーダーが投資した場合、実際に通貨を購入せず、トレーダーに利益が出た場合は支払い、損失を出した時は購入金をそのまま業者の利益とするシステムになっています。つまり、業者としてはトレーダーの損失が大きいほど自社の利益が大きくなるのです。ところが、海外FX業者は、電子取引所取引という方法で、投資が行われるたびに実際に通貨を購入しています。業者の利益は売買手数料によって賄われるので、業者としてはトレーダーにはどんどん投資してもらいたいわけです。

海外FX業者の追証ゼロサービス

上でも少し触れましたが、国内のFX業者には追証という制度があるのに対して、海外FX業者には追証がありません。追証とは、相場の急激な変動に際し、取引が追い付かず業者の損失が大きくなってしまった場合に、トレーダーから証拠金以上の金額を請求する制度です。これは、実際に通貨を売買していないために起こり得る事態に対処するための制度ですから、実際に売買を行う海外FX業者には関係のないことです。そのため、どんなに急激に相場が変動しても、海外FXでは証拠金以上に損失を被るということ通常ありませんので、追証ゼロがサービスの基本です。

少額から取引が始められる

国内の業者にない海外FX業者のもう一つの利点は、少額の資金で取引が始められることです。国内のFXでは1万通貨以上の取引から可能なところがほとんどですが、海外FX業者のなかには10通貨から取引可能なところがあります。たとえば、XMという海外FX業者であれば、5ドルの証拠金、10通貨のレートから取引ができます。つまり、海外FX業者の方がFX初心者でも安全に楽しめるようになっています。それでいて、高いレバレッジがかけられるので、少額でも大きな利益を上げられることができるのです。

多彩なキャンペーン

海外FX業者は、トレーダーにどんどん投資してもらいたい、取引量を増やしてもらいたいと思っていることは上でも少し触れましたが、そのためにさまざまなキャンペーンを展開しています。口座開設や入金だけでボーナスが支給されるなど、国内のFX業者にはないサービスが満載です。

海外FX比較の達人

お金BANK